明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜無料立ち読み

無料立ち読みはこちら

 

東海テレビ/フジテレビ系列 2015年6月1日〜毎週月〜金ひる1時25分〜1時55分
昼ドラ「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン」が、テレビドラマ化され放映中です。
漫画の著者、小沢真理さんはメルヘンな描写、恋愛、家族愛を描く漫画が多いです。

明日もきっと、おいしいご飯〜第1話あらすじ

早川家は、大学生の律(高杉真宙)、母・恭子(富田靖子)、弟・調(前田旺志郎)、妹・奏(田附未衣愛)の4人家族。父・大洋(川合俊一)が事故で亡くなって以来、恭子が女手ひとつで子どもたちを育ててきた。
12年前、小学生だった律(篠原湊大)は、クラスメイトの母親から盗人の濡れ衣を着せられたことがあった。律の窮地を救ってくれたのは、恭子の笑顔と大好物のオムライス。いつも笑顔で誰のことも傷つけない恭子。律は、そんな恭子が大好きだった。
時は経ち、大学の建築学科に通う律は、ヤンチャで正義感の強い調、ちょっと甘えん坊の奏、そして変わらぬ笑顔の恭子と、賑やかで幸せな日々を送っている。この暮らしがずっと続く――この時、律はまだそう思っていた…。
そんな中、母の恭子が突如、入院することになる。風邪をこじらせただけだろうと言う医師・花山(山田純大)の言葉に一度はほっとする律だったが、検査の結果、悪性の腫瘍が見つかって…。

明日もきっと、おいしいご飯〜第2話あらすじ

無料立ち読みはこちら

 

母・恭子(富田靖子)に代わり、弟妹のために台所に立つようになる律(高杉真宙)。
一方、恭子は、財布から古びた紙を取り出し、深いため息をつく。それは律を雨宮真也(河井青葉)という彼の実母から養子にもらう手続きの書類だった。律は恭子と血のつながりがなかったのだ。
そのことを知らない律は、調(前田旺志郎)と奏(田附未衣愛)には恭子の入院が長引くことだけ伝え、本当の病名は伏せておくことに。弟妹には今まで通りの生活を送らせたい律は、恭子に代わって料理を頑張るだけでなく、入院費と生活費を稼ぐため、絹江(藤田弓子)の洋食屋でバイトに励み、大学の休学も考え始めていた。
そんな中、律が金銭的な心配をしていると知った叔父・圭介(小林博)と叔母のみつ子(芳本美代子)から、調と奏を、彼の家で預かるという申し出が。断ろうとする律だったが…。

明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン・情報

【タイトル】 銀のスプーン
【作者】   小沢真理
【配信数】  12巻配信中‼︎
【配信先】  Handyコミック

無料立ち読みはこちら