焔の眼(ほむらのめ)・あらすじ無料試し読み


漫画家でミュージシャンの押切蓮介さんの漫画です。
直木賞作家の神崎武雄を祖父にもち、週間ヤングマガジンに連載されたホラーギャグ漫画家でも知られています。

第2次世界大戦後の日本を、中央アジアの侵略国、ショルゴールに植民地化されます。
主人公である孤児の沙羅は、娼館「萬屋」の女将に面倒を見てもらいながら働きますある時、ショルゴール軍の兵士に襲われそうになりますが、統治に単独で反旗を翻した、クロという格闘家に助けられます。
この出会いが、沙羅にとって大きな影響を及ぼすことになるのです。

焔の眼(ほむらのめ)・押切蓮介・あらすじ

1945年、敗戦国、日本。異国の植民地となったこの国において、日本人は奴隷のような生活を強いられていた。死と隣り合わせの日常の中、売春宿の下女として働く少女は出会う、神をも恐れぬ戦慄の拳に……!! 暗黒の日本を生き抜く屍山血河のバイオレンスファンタジー、ここに開幕!!
代表作、『でろでろ』全16巻、『ゆうやみ特攻隊』1~8巻、『ツバキ』1巻(講談社)、『ピコピコ少年』『ピコピコ少年TURBO』(太田出版)、『おどろ町モノノケ録』1巻(アスキー・メディアワークス)、『サユリ』全2巻(幻冬舎)、『ミスミソウ』全3巻(ぶんか社)他多数。

焔の眼(ほむらのめ)・情報

【タイトル】 焔の眼(ほむらのめ)
【作者】   押切蓮介
【配信数】  6巻完結で配信中‼︎
【配信先】  Handyコミック

無料立ち読みはこちら